Relay2はエッジ・コンピューティング
時代の強力なパートナーです。

各種の設定や各アクセス・ポイント(A P)へのコンテンツの一斉配信などの管理は全てクラウドから遠隔で行えます。そしてアプリケーションやコンテンツをエッジに配置させることで、必要な情報をA Pから直接、瞬時に受け取れるという、高速でストレスの無い体験をして下さい。 。

Relay2 RA300

Relay2 第3世代 アクセス・ポイント

RA300の高性能ワイヤレスがネットワークエッジにおいてもオンプレミスと同じレベルのインテリジェンスを提供します。

中国最大の携帯電話販売チェーンに収益型サービスを提供

D.Phoneは500を超える店舗でRelay2ソリューションを導入して、店舗での販売とモバイルアプリの配信で短期間に投資効果を出すことに成功しました。

単なるWiFi接続機器ではありません

エッジ・コンピューティング機器としてご活用頂けます。

Relay2のA Pにはエンタープライズ・クラスの各種機能が搭載済みですが、それに加え、お客様(もしくはサードパーティ)が開発したアプリケーションを自由に搭載して実行することが可能です(開発キットは無償でご提供します)
  • 通常、メーカーに開発依頼を出す場合は、市場性とボリュームが求められ、開発には長い時間が必要です。
  • Relay2 APはお客様の使い方やビジネスに特化したエッジ・プリケーションを自由に開発して利用することができるので、お客様の様々なアイデアが実現可能となります。
  • Relay2 APは同時に多くのクライアントと接続できるように設計されたHWと効率的な接続を可能にする独自のアルゴリズムを搭載しています。
  • AIベースの仮想ワイヤレスエキスパート(VWE)は、接続されたデバイスをモニタリングして、その使い方に合わせて設定を最適化します。
  • A P内にキャッシュ設定した動画、音楽、リッチメディアをストレス・フリーで配信する事も、専用のモバイルアプリでユーザーと直接コミュニケーション(A P内に伝言板や掲示板を設置)する事も簡単に行えます。
  • APの記憶容量は4GB/8GB/128GBがラインナップされています(市場状況により、容量は変更、追加されます)。

どこからでもアクセスできる
クラウド型管理

基本的なWiFiアクセスから複雑なビジネスアプリケーションまで、すべて直観的なユーザーインタフェースを持つクラウド型管理システムで管理できます。
  • 最初にネット接続すると、Realy2 APは自動的にRelay2クラウド・コントローラーに接続し、コンフィグレーションをダウンロードして、最適なチャネル、送信出力およびクライアント接続パラメータなどを自動的に最適化します
  • Relay2クラウド・コントローラーは1台でも1,000台でも全く同じレベルのサービスを提供できます。お客様はいつでも、どこにでも、何台からでもスムーズに拡張が出来ます。
  • ネットワーク機器やデバイスにより生成された(有線/無線を含めた)通信利用方法、通信状態やアプリの種類などのさまざまな情報がRelay2クラウドに収集され、詳細で理解しやすい分析結果という形で、ネットワークの信頼性とパフォーマンスの向上のために、管理者にリアルタイムで提供されます。
  • AIベースの仮想ワイヤレスエキスパート(VWE)は、接続されたデバイスをモニタリングして、その使い方に合わせて設定を最適化します。
  • ネットワーク機器やデバイスにより生成された(有線/無線を含めた)通信利用方法、通信状態やアプリの種類などのさまざまな情報がRelay2クラウドに収集され、詳細で理解しやすい分析結果という形で、ネットワークの信頼性とパフォーマンスの向上のために、管理者にリアルタイムで提供されます。

Relay2について

Relay2のお客様は「人が多い場所で、高品質のワイヤレス接続求める」方々です。さまざまな業種のお客様が、単なるアクセスだけのWiFi超えて、エッジ・コンピューティングにおいて革新的な新しいサービスを受ける事ができるよう支援しております。

Relay2の革新的なソリューションの活用例をご覧ください。

商業施設

今やWiFiの接続性や信頼性は顧客の動向さえ左右する時代です。Relay2 APを導入すれば、思い悩む「接続だけのWiFiの投資」を戦略的な「能動的なサービス提供」に変えるチャンスです。

ホテル

ホテルではWiFiが必要条件の一つになっていますが、ただのWiFi提供だけでは勿体ない使い方ではないでしょうか。Relay2 APは情報を発信できるエッジ・コンピューティングとして利用が可能なのです。

病院

病院の事務室以外にも待合室、病室において、WiFiの必要性は益々高まっています。遅延や混線を避けてリッチなサービスを提供できるのはRelay2 APです。

学校

これからの教育現場は1人1台の端末は当然となって行くと思われます。そして個人のスマホを加えるとさらに倍の台数となります。1台のAPで多くの端末が接続できるRelay2 APはこのような環境に最適です。

「Relay2を使えば、あらゆるイベントでWiFiネットワークを簡単にセットアップして仮想ネットワークサービスを提供できます。トラフィック量の多い施設やホテルでは、もうRelay2の高性能アクセスポイントなしの対応は考えられません」

– URECのバイスプレジデント

「Relay2とパートナーシップを結んだ理由は、Relay2のWiFiソリューションにはお客様の求める性能と信頼性が備わっており、しかも、需要が高まりつつある付加価値サービスを提供することができるためです」

– GHT GlobalのCEO

「Relay2の導入の簡単さと優れた性能には驚かされました。数週間を想定していた導入は数日で完了しましたし、処理できる同時接続数の多さはすばらしいです」

– HarborlinkのCTO

「Relay2のソリューションでディープパケットインスペクション(DPI)ベースのデータが収集できるため、私たちのWiFiネットワークを使うお客様に、よりリアルタイムでターゲットを絞った広告を配信できるようになりました」

– SmartACのCTO

最新のニュース

T-Gaia announces capital and business alliance with Relay2

Relay2社(米国)との資本業務提携

株式会社ティーガイア(東京都渋谷区、代表取締役社長:金治 伸隆)は、Relay2,Inc.(米国カリフォルニア州、CEOエリック・チェン、以下「Relay2」)に日本市場での独占販売を前提に資本業務提携を行いました(出資金額は非公表)

続きを読む