分析と洞察

WiFi分析と洞察

今や、ビッグデータはビッグビジネスに成長しました。モバイルユーザーに関するデータや指標、分析情報をうまく活用すれば、事業規模にかかわらず企業にとって非常に有益な情報を得ることができます。

分析と洞察

豊富なコンテキストデータにより、顧客に関するより詳細な可視化データが得られます。

  • ディープ・パケット・インスペクション(DPI)
  • 位置情報の活用
  • ネットワークエッジに位置するアクセスポイントの活用。これにより、顧客の行動にリアルタイムで対応し、パーソナライズしたアプリケーションの提供が可能
  • クラウドでのデータ集約。時間や位置情報を切り口にしてトレンドの分析が可能
  • 外部のSNSやデータセットと統合して顧客の総合的なプロファイルを作成、リアルタイムでの対応が可能

クライアント認識

ディープ・パケット・インスペクション(DPI)対応。Relay2サービス・レディー・アクセスポイント(SR-AP:アプリケーション搭載可能なアクセスポイント)には強力なネットワークプロセッサーが搭載されており、ワイヤレスネットワーク全体ですべてのトラフィックフローを調査できます。しかも、通信速度に影響を与えることなく、ラインレートで処理します。DPIを活用することで、単なるIP情報だけでなくアプリケーション層の情報が可視化できるため、ユーザーの動き、アプリケーション、コンテンツに関する分析データが得られます。

 

  • SR-APに動画を置くことでネットワークの負荷を軽減、配信時の遅延やジッターを抑える事ができます。
  • SR-APに保持されているコンテンツはほぼ待ち時間ゼロで配信されるため、非常に優れたユーザー体験が実現可能

位置情報

位置情報サービス対応。設置している施設内およびその周辺にいるモバイルユーザーの位置情報の統計をリアルタイムに収集できるため、訪問者数、滞在時間、動線パターンをはじめとするさまざまな情報が得られます。

データに基づく意思決定

トラフィックと位置に関するデータを、時間と場所を紐付けて集積。ユーザーやデバイスに関する分析情報を、統合された1画面で確認できるため、ビジネス改善に役立てられる具体的なデータが得られます。

予測分析

敷設したネットワーク全体でクライアントのトラフィックと位置に関するデータを収集し、それを分析することで、データを予測的に活用できます。これを基に幾つかの選択肢の中から最適なものを選択するヒューリスティックなロジックを構築し、利用客にピンポイントでコンテンツやクーポンを提供することも可能です。

クラウドとの統合

Relay2 クラウド・アプリケーションプログラムインタフェース(クラウドAPI)を使えば、データが自社で収集したものか、調達したものか、公開されているものかにかかわらず、簡単にデータセットを追加して顧客の分析と理解に役立てることができます。

コンテキストデータフィードの詳細についてはこちらをご覧ください
  • 0/50
  • Should be Empty: