モノのインターネット(IoT)

モノのインターネット(IoT)

インターネットに接続するデバイスの数は2020年までに500億を超えると予測されています。WiFiはあらゆるデバイスで共通の接続方式であり、企業、小売店舗、レストラン、ホテルなどで効果的に使えば大幅な収益増とコスト削減につなげられる可能性があります。

IoTゲートウェイ

リアルタイム制御とデバイスポリシー協調をローカルで実施。特定イベントや異常な状況への対応を事前にプログラミングしておき、発生時に即座に対処させられます。デバイスを集中管理し、各ロケーションで収集したデータを1か所に集積させて管理できます。

WiFi環境が整備された店舗

デバイスがリアルタイムに情報を収集、蓄積し、具体的に役立つ方法でそのデータを使うことができれば、小売店舗の効率性は大きく高まります。

  • 製品の追跡/トレーサビリティー
  • 消費者との双方向エンゲージメント
  • 店舗運用の最適化
  • 買い物客に関するインテリジェンス
  • モバイル・ペイメント
  • 在庫管理と資産管理
商業施設向けのRelay2ソリューションの詳細についてはこちらをご覧ください
  • 0/50
  • Should be Empty: