マルチテナント環境向けWiFiソリューション

マルチテナント環境で信頼性の高いWiFiを提供しようとすると、従来のアプローチではさまざまな課題が発生します。

テナントが「プライベートWiFi」を作成し、アクセスポイント(AP)インフラが過密になる

課題:近隣のAPが同じチャネルまたは隣接チャネルを使用することによる大きな干渉は、利用者全員に悪影響が及ぶ。

施設所有者が単一の物理インフラでWiFiを提供し管理ツールですべてのSSIDにアクセスを可能にする

課題:プライバシーとセキュリティーの危惧

施設所有者がテナントのアカウントを管理してサービスを提供

課題:施設所有者がテナントごとにSSIDと設定を詳細に管理しなくてはならず、効率が悪いうえに制限も多い

課題:施設所有者がWiFiテナントのセキュリティー設定を表示および制御するため、テナント側での安全な運用が脅かされる可能性がある

空間の収益化

Relay2を導入すればテナントに高速WiFiをサービスとして提供できるため、施設所有者は建物内の空間から収益を得られると言えるでしょう。テナントはWiFiの管理に係る時間、手間、コストを削減できます。

仮想化アクセスポイントのマナージドサービス™(略称MVAP、特許出願中)機能により、1つのアクセスポイントで複数のテナントにWiFi接続環境を提供できます。しかも、全テナントにセキュリティーを適用しつつ、ネットワーキング・リソースは完全にお互いから独立させることが可能です。

  • 各テナントのコストを削減
  • 電波干渉が無くなる為、全利用者が最大限の速度で通信可能
  • テナントの追加、移動、変更を即座に実行できる優れた柔軟性
  • 0/50
  • Should be Empty: