管理

アプリケーションとサービスをクラウドで集中管理

Relay2クラウドマネージャーを使うと、エッジアプリケーションとネットワークを1管理画面で両方管理できます。直感的な使いやすいWebベースのインターフェイスを備えたRelay2クラウドマネージャーを使えば、世界中どこにいても管理機能にアクセスできます。特別なソフトウェアクライアントをインストールする必要はありません。

Relay2クラウドマネージャーには現在のステータスを表示するダッシュボードビュー、わかりやすいプロビジョニングページ、詳細な情報を確認できる監視および統計データページなどの豊富な機能があり、すべてグラフィカルユーザーインターフェイスで操作できます。

アプリケーションの管理とメンテナンス

Relay2クラウドにはアプリストア、アプリ管理ビュー、アプリメンテナンスビューが用意されており、これらを使ってエッジサービスを管理できます。

アプリストアはRelay2 MASEテクノロジーで開発されたアプリケーションの展示場です。作成したアプリケーションは、アプリストアにパブリッシュするとRelay2のサービス・レディー・アクセスポイント(SR-AP)に搭載する事ができるようになります。アプリケーションは限定公開と一般公開のどちらでも設定できます。

Relay2 アクセスポイント(AP)のオーナーは、アプリケーションをアプリストアから自由に選んですべてリモートからAPに搭載する事ができます。搭載するアプリは、自社で開発した限定公開アプリと、サードパーティーの開発企業が開発した一般公開アプリの中から選択できます。

一旦組み込まれたアプリケーションに関しては、APのオーナーが、アプリの起動、再起動、停止などの制御を自由に行えます。
アップグレード、実行ステータス、健全性、設定、メンテナンスに関する詳細情報と言った、アプリケーションのアクティビティーやステータスはリモートで管理および監視できます。

アプリをRelay2アプリストアで公開しませんか?

 

テクノロジーパートナーの詳細についてはこちらをご覧ください
  • 0/50
  • Should be Empty: